国内旅行 温泉の旅

アクセスカウンタ

zoom RSS 妄想旅行。めちゃレアな街に行こうシリーズ。

<<   作成日時 : 2012/03/26 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日の妄想旅行は、めちゃレアな街に行こうシリーズとして、
第1弾を書きます。

いやぁ、レアすぎて何にも思いつかない。

思いついたのはタイトルだけ。

にゃははは〜といってはダメなので、
どこか適当な街を探さないとダメですね。

どこがいいだろう。

ん〜思いつかない。

レアな街ってところ自体に、問題がありすぎるのかもしれませんね。

しかし、探せばあるもので、私が行ったことのある
マニアックな街をご紹介します。


東北の復興期だというのに、
東北の街を私の記事で書いてしまうのは失礼かもしれませんが、
東北新幹線の「古水沢江刺駅」

いやあ、駅前になんもない。

あるのは喫茶店がひとつくらいだったかな。

ビジネスホテルもないので、泊まることができない。

つまり、新幹線に乗るためにできた駅のようなもの。

私が、出張で東北に行ったときに、東京に帰るのに、
そこの駅前で車から現地の営業担当者に降ろされて、
寒い中電車を待った記憶がある。

当然、なんもないので、駅前の喫茶店に入る。

一人お客さんがいた。と私は思った。

女性が一人、席に座ってテレビを見ていた。

少し安心したのだが、店員がいない。

そしたら、その女性がお水を持ってきてくれた。

なんて気さくなお客さんなんだろう。

親切にも店員さんの代わりにお水を持ってきてくれるなんて。

そして、その女性はそのまま席に戻り、
テレビを見始めた。

私は、そのあと仕事がなかったので、
飲んでしまえという気分でビールがメニューにあったので、
頼もうとしたのだが、一向に店員は出てこない。

きょろきょろしていると、おもむろに女性客が、
「ご注文お決まりですか?」と聞いてきた。

なんと、お客さんだと思っていた女性が、
店員だったのだ。

ビールとおつまみを注文。


そしたら、案外おつまみがおいしかった。


そして、ブログのネタにならないなぁと思うが、
当然、私は何を頼んだのかを忘れた。

でも、おいしかったのは確かだ。

そして、新幹線の時間となり、
喫茶店を出ることに。

お愛想をして外に出て振り向くと、
女性は片づけをしてまたテレビに向かった。

あのおばちゃん元気なのかな?


そういった心が旅へといざなう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
妄想旅行。めちゃレアな街に行こうシリーズ。 国内旅行 温泉の旅/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる